ギャラリー

 

 
一般作例
 

 

     
 
             
   
   
   
   
         
       
COPYRIGHT: Jean-Baptiste Lefournier
 
 
 
サムネイルをクリックするとフルサイズ画像が開きます。
 

これらの画像の著作権は撮影者にあります。商用でのご使用を希望される方は必ず事前に弊社にご相談下さい。

 

 

 
スタック画像
 

NANOHAは撮影倍率が大きいので被写界深度が大変浅い(ピントの合う範囲が大変狭い)という特性があります。このため立体物の手前から奥まで全体にピントを合わせて撮ることはできません。それには特殊なテクニックが必要です。

以下の作例はNANOHAでピント位置を変えながら複数の画像を撮影し、それらをつなぎ合わせて作られた「スタック画像」です。単に一枚の写真を撮るだけではこのような画像を得ることはできませんので、ご留意下さい。

 

     
 
         
     
  COPYRIGHT:MakroFoto s.r.o.   COPYRIGHT:MakroFoto s.r.o.  
         
     
  COPYRIGHT:Martin Cepek   COPYRIGHT:Martin Cepek  
         
     
  COPYRIGHT:Martin Cepek   COPYRIGHT:Martin Cepek  
         
     
  COPYRIGHT:Martin Cepek   COPYRIGHT:Martin Cepek  
         
     
  COPYRIGHT:Martin Cepek   COPYRIGHT:Martin Cepek  
         
     
  COPYRIGHT:Martin Cepek   COPYRIGHT:Martin Cepek  
         
         
 
 
サムネイルをクリックするとフルサイズ画像が開きます。
 

これらの画像の著作権は撮影者にあります。商用でのご使用を希望される方は必ず事前に弊社にご相談下さい。

撮影方法の詳細はこのページ(英語)をご覧下さい。これらの画像は Zerene Stacker を用いて製作されました。

 

 

 
動画
 

このワーキングディスタンス(被写体までの距離)でこれだけ高倍率の撮影ができる動画システムは一般にはありません。NANOHAは唯一の存在として映像作家様や映像プロダクション様でお使い頂いています。

 

     
   
 
NANOHA introduction movie by Seb Farges, France
 
     
   
 
NANOHA introduction movie by Jean-Baptiste Lefournier, France
 
 
 
     

 

 

 
アートワーク
 

 

J.K.Puntam氏による作例です。上の画像をクリックすると作者のページに飛びます。