ベス単・・・MOMOの原点

     

本物のベス単写真に挑戦したい方

安原製作所はベス単の写りをデジカメで手軽に楽しめるようMOMOを開発しました。「MOMOを使って撮って下さい」と宣伝するのが筋なのですが、この記事を読んでどうしても本物のベス単で撮ってみたいと思った方、もちろん止めません。私もそういうのは大好きですから。

まず中古市場でVPKを探して下さい。レンズを外して使うのが目的なので本体の程度が悪くてもOKです。VPKのレンズは多様でベス単付きとは限らないのでご注意を。レンズ前面に穴あきフードが付いているアレがベス単です。

 

【「完全」にこだわる】

645判カメラに取り付けて「完全」なベス単写真を撮るためにはこういうアダプタ(レンズ繰り出し機構付き)が必要です。安原製作所は PENTAX 645 用アダプタを 一点物として作りました。もしご入用な方はお問い合わせ下さい。(但し受注生産でお高いですよ。)

 

 

もちろんこのアダプタは PENTAX 645D にも使えます。デジカメで撮れば簡単なわけですが、実は PENTAX 645D のイメージセンサは645判の面積はなく、645判と35mmフルサイズの中間ぐらいです。「完全」にこだわるならフィルムを使うしかないのが現状です。

 

【35mmフルサイズで】

植田正治氏の写真集「白い風」のように、フィルムカメラの時代には35mm(もちろんフルサイズ)一眼レフにベス単を付けることがよく行われました。ベス単の焦点距離は約70mmなので中望遠になってしまいますが、元画像中心部の「いいところ」を使うことになるので画質的には有利です。

近年フルサイズデジタル一眼レフが安価になってきましたし、フルサイズミラーレスカメラも登場しました。今フィルムを使って撮るのはやはり大変です。ベス単はフルサイズデジカメで楽しむのが手軽で現実的です。

 

ベス単をミラーレスカメラに取り付けた状態

 

         
     
 
削り出しで制作した ベス単-M42アダプタ
 

 

ベス単取付部は本来この形状でなければなりません。二段の穴と小さな溝に注目。

 

ベス単を取り付けるアダプタは、レンズキャップやボディーキャップに穴を開けて作ることがよく行われます。本来ならこのように二段の穴を設け溝(回り止め用ピンが収まる)を加えるのが正しいのですが、これは工場設備がないと作れません。安原製作所ではベス単を「きっちり」評価するためにこのアダプタを作りました。ご入用な方はお問い合わせ下さい。希望が多ければ量産致します。

このアダプタはベス単をM42スクリューマウントに変換するためのものです。後は市販のエクステンションチューブやアダプタを使い一眼レフやミラーレスカメラに取り付ければOKです。

 

MOMOで楽々撮影

ただの宣伝になってしまいますが、ベス単の写りを楽しむならMOMOで撮ることをお勧めします。本物のベス単を扱うのは費用・手間・技術が必要です。楽々撮影のために開発されたMOMOがあるわけですから使わない手はないと思います。初めからデジカメに最適化されていますので、ただカメラに付けて撮れば良いです。

ベス単を生んだ先人の仕事に感謝の念を持ちながら。

 

 

     

 

 

MOMOのページへ戻る