ベス単・・・MOMOの原点

     

禁断の手法、「ベス単フード外し」

詳しい説明の前に、まずこの圧倒的な画像をご覧下さい。(クリックで拡大画像が開きます。)これがベス単に隠された能力です。

     
 
     
   
     
 
  絞り:フード外し全開(F6.4相当) 実絞りAE  
     
     
 
     
   
     
 
  絞り:フード外し全開(F6.4相当) 実絞りAE  
     
     
 
     
   
     
 
  絞り:フード外し全開(F6.4相当) 実絞りAE  
     

何気ない日常をあっというまに夢の世界へ変えてしまうのです。

 

「ベス単フード外し」とは?

 

       
 
     
   
     
   
    ベス単には金属製のフードが取り付けられています。すり鉢の底に穴が開いたような形をしています。
       
 
     
   
     
   
    このフード、ネジ式で左に回すと外れます。外すと絞り羽根がむきだしになります。(ベス単は絞りの前側にはレンズがないのです。)絞りレバーを1のポジションにした場合の絞り径がフードの穴径とほぼ同じです。
       
 
     
   
     
   
    絞りレバーを1より左側に動かすと絞り径はさらに大きくなります。フードが付いていたら絞り径をフードの穴径より大きくしても効果はありません。しかしフードを外した状態ならば規定外の絞り径が有効になります。これが「ベス単フード外し」と呼ばれる手法なのです。
       

 

もうご理解頂けたと思います。フードの穴は絞りの開放径を制限するためにカメラメーカー(コダック)がわざわざ設けたものであり、フードを外して絞りを全開にすることは禁断の手法なのです。そうすれば球面収差というものの影響が大きくなり画像がソフトフォーカスになるわけですが、コダックはこれを実用にならない画質であると判断したのです。

 

     

 

 

MOMOのページへ戻る