ソフトフォーカスとは

 

「ソフトフォーカスとは要するにピンボケである」と勘違いされている方が多くおられます。以下の解説をご覧下さい。

 

       
     
       
     
       
     
       
       

 

それでは実際の画像で違いを見てみましょう。

 

       
     
    ● ピントが合っている状態
       
     
    ● ピントが合っていない状態
       
     
    ● ソフトフォーカス
       

 

ソフトフォーカスでは手に持ったカードの柄がちゃんと確認出来ます。ピンボケではないのです。ピントが合っている画像を芯にしてピントが合っていない画像が重ね合わされている、それがソフトフォーカス画像なのです。

 

では実際にMOMOで撮った画を見てみましょう。

 

F6.4(ソフトフォーカス効果最大)で撮影

 

一見するとただのピンボケ写真に見えませんか?しかし等倍で見ると恐ろしいことに気づきます。

 

 等倍に切り出したもの

 

信号機内のLEDドットまで解像しています。ピンボケどころではありません。コントラストは低いが解像度は十分高いのです。これがソフトフォーカスです。

 

 

このページを閉じる