ソフトフォーカスレンズの必然性

 

フィルムの時代とは違ってデジタル画像ではシャープな元画像から画像処理でソフトフォーカスを得ることができます。「わざわざMOMOを使う必要はないのでは?」と思われる方、まずは以下の画像をご覧下さい。

 

       
  A) MOMOによるソフトフォーカス    
     
 
MOMO(M)、F6.4(ソフトフォーカス効果最大)で撮影。
   
       
  B) 近代的レンズ(Panasonic H-FS014045、28mm域)による画像    
     
  諸収差が極めて良好に補正されており写りは極めてシャープ。    
       
  C) 画像処理によるソフトフォーカス    
     
  B の画像を Adobe Photoshop を使ってソフトフォーカス加工したもの。ガウスぼかし10pixelで作ったレイヤーを不透明度80%で重ねている。    
       

 

A と C を比較して下さい。どちらもソフトフォーカス画像ですが、A はメリハリがあり生き生きしているのに対しC はベタッとフラットな画に見えます。拡大してみると違いがはっきりわかります。

 

       
  A) MOMOによるソフトフォーカス(等倍で切り出し)    
     
       
  C) 画像処理によるソフトフォーカス(等倍で切り出し)    
     
       

 

 

この違いはイメージセンサの出力特性が主な原因です。イメージセンサ出力は像面光量にどこまでも比例はせずある値で頭打ちとなります。これが出力の飽和で、飽和が起こった部分は色情報も失われ単なる白色データとして記録されます。いわゆる白飛びです。

 

 

 

 

白飛びした部分は明るさの強弱も色情報も失われているわけですから、それをを元にソフトフォーカス画像を作ってもメリハリのない単に白くにじんだ画になってしまうのです。

これに対しソフトフォーカスレンズを使えば被写体の明るさに比例したソフトフォーカス成分が現れ、明るい部分の色情報も失われません。だからメリハリのある鮮やかなソフトフォーカス画像が得られるのです。「光が踊る」のです。

撮影画面内の輝度差が大きい場合、例えば木漏れ日や水面を撮ればソフトフォーカスレンズの効果が歴然となります。

 

 

       
  A) MOMOによるソフトフォーカス    
     
  MOMO(M)、F6.4(ソフトフォーカス効果最大)で撮影。    
       
  B) 近代的レンズ(Panasonic H-FS014045、28mm域)による画像    
     
  諸収差が極めて良好に補正されており写りは極めてシャープ。    
       
  C) 画像処理によるソフトフォーカス    
     
  B の画像を Adobe Photoshop を使ってソフトフォーカス加工したもの。ガウスぼかし10pixelで作ったレイヤーを不透明度80%で重ねている。    
       

 

 

引いた画でも A と C の違いははっきりわかります。木漏れ日の表現を比較して下さい。

 

 

       
  A) MOMOによるソフトフォーカス(等倍で切り出し)    
     
       
  C) 画像処理によるソフトフォーカス(等倍で切り出し)    
     
       

 

拡大すると更に違いが明らかになります。C はディテールはありますがメリハリがなくベタッとしています。木漏れ日がキラキラ差し込んでいる様子は全く表現できていません。

ソフトフォーカスレンズは画像処理のソフトフォーカスとは違う画を生みます。光が踊ります。

 

 

 

このページを閉じる