ガジェット随想

前言

物あまりと言って良い現代、そこかしこに高度で便利なガジェットがあふれている。普通の人が興味を持つガジェットについては専門のサイト・雑誌が山ほどあるので、私がこんな場末のコラムで述べるまでもない。

ここでは一技術者の私が理系に偏った観点から興味を持ったガジェットについて述べる。その分野に興味の無い人にとっては面白くないどころか根本的に意味がわからない。そんな世界の果てのガジェット随想だ。

 

 
目次

 

奇跡のマルチメータ、AU-32

郷愁のRPN電卓

社会主義のRPN電卓

たかが物差し、されど・・・

エミュレータという悪夢

針とLEDと006P

マハポに見る昔のコンピュータ