「バラパン」って「フラワー」じゃないの?(2)

 

加古川ではメジャー、ニシカワパン

さてここでニシカワパンという製パン会社が登場する。加古川に行けばスーパーにもコンビニにも学校の購買部にもニシカワパンの製品が置いてある。だから加古川に住んでいた私はニシカワパンというのは日本を代表する製パン会社で、日本中に工場があり、ライバルはヤマザキパンあたりだろうと考えていた。30年ほど前に東京に出てきたわけだが、ニシカワパン製品を見かけないので「そうか、関東では劣勢なのだな」程度に考えていた。

製パン会社のことなど昔なら知りようもないのだが、今はWeb上に情報が沢山転がっている。調べてみるとニシカワパンの工場は基本的に加古川市野口町の一箇所のみ。会社の規模はヤマザキパンの1/100以下(ヤマザキパンが大きすぎるわけだが・・・)。関西というより加古川近郊というローカル展開であることが今頃になってわかった。詳しくはニシカワパンWebページで。

 

 

 

30年ほど見ないうちに、CIのオシャレ感が増していた・・・・

 

 

これがニシカワ・フラワーだ

 

多くを語る必要はなく、実物を見て頂ければ何が言いたいかはわかって頂けるでしょう。

 

ニシカワパンのド定番商品・「フラワー」

 

開封状態

 

分解・構造確認

 

 

・・・・・改めて言う。

 

「バラパン」って「フラワー」じゃないの?

 

 

空前の盛り上がりを見せつつ第3話に続く

 

 

 

 

目次に戻る