企業概要

時代の変化と共に企業形態や取扱製品は変化しましたが、一貫して光学機器を中心とするメーカーとして活動しています。

 

 
小史
 

フィルムカメラメーカーの時代

安原製作所は1998年にフィルムカメラメーカーとして誕生しました。京セラ(株)でコンタックスブランドのカメラを設計していた創業者安原伸が自分のアイデアに基づいたカメラを作りたいと思い立ち上げました。時はデジカメ前夜、フィルムカメラ産業が最後の輝きを放っていた時代でした。一号機のレンズ交換式35ミリレンジファインダーカメラ「一式」は大きな話題となり、そのムーブメントは古いカメラファンの記憶には今でも残っています。

 

         
       
    レンズ交換式35ミリレンジファインダーカメラ「一式」(1999年)  
         
   
 
「一式」マニュアル(クリックでPDFが開きます。) 幅108cmの1枚紙という凝った作りでした。
 
         

 

2003年には二号機となる35ミリレンジファインダーコンパクトカメラ「秋月」を発売しました。外観・材質・操作性はクラシックなフィルムカメラ、内部はCPU制御のマルチモードカメラでストロボも液晶表示もあるというアバンギャルドな造りで、類似するものがない存在です。実際に販売された数量が極端に少ないので、実機は幻と化しています。(日本カメラ博物館には寄贈してあります。)

 

           
         
    35ミリレンジファインダーコンパクトカメラ「秋月」(2003年)  
           
     
 
「秋月」マニュアル(クリックでPDFが開きます。)
   
           

 

 

しかし21世紀に入ってからの急速なデジカメ化には抗えず、安原製作所もフィルムカメラを作り続けることができなくなってしまいました。そして2004年2月にフィルムカメラメーカーとしての歴史は終わったのです。

 

 

部品メーカーの時代

安原製作所は2007年に部品設計・製造を行うメーカーとして業務を再開しました。自社ブランドのオリジナルな製品を開発するには更に数年の期間が必要でした。

 

 

光学機器メーカーの時代

2012年に安原製作所は株式会社となり、再びオリジナルな光学製品の開発・販売を始めました。現在は主にデジカメ用の交換レンズを扱っています。