いつか見たSORA ・・・(東芝デジカメの記憶) (1)

偶然ですが、少しホットな話題を

このコラムは世界の果てにあるカメラの話をする場なので、現在活動している会社の内容やその製品については基本的に書かないこととしている。特に話題に乗っかった記事などはまず扱わない。

さて、東芝である。2017年初頭の今、不適正な決算や巨額赤字等でニュースに登場しない日はない状態である。だから東芝の話なんかはしませんよ。あくまで「東芝が昔作ったデジカメ」の話。まあ、その記事に何が垣間見えるかは読者の方々の判断におまかせしましょう。

 

 

今回のネタ・東芝「SORA」

 

 

世界初のデジカメは東芝が開発した?

私が学校を出てカメラ技術者になったのはまだ80年代、ちょうど昭和が平成に変わるころだった。京セラの東京中央研究所というところに配属になった私は、将来世の中に現れるであろうデジカメというものを研究・開発せよと命じられた。今考えるといきなりこんな夢のある仕事が与えられたということは本当に幸運だった。

さて、今の子は物心がついた頃からデジカメにしか触れていないので、デジカメが誕生する以前の事を説明する必要がある。民生品(一般製品)としてのデジカメ第一号は1995年に発売されたカシオQV-10ということになっている。異論はあるかもしれないが総合的に考えて間違ってはいないと思う。QV-10は当時主流だったフィルムカメラと比較して全面的に劣っていたが、ちょうどWindows95がリリースされた頃だったのでパソコンマニアや新しもの好きの人はけっこう手を出したものだった。

それから5年間がすさまじかった。デジカメは急速に進化し、21世紀になった頃には十分フィルムカメラに対抗できる製品になっていた。ITの普及がそのムーブメントに拍車をかけ、電子映像に対して親和性が低いフィルムカメラシステムはあっというまに消えていった。

さて、デジカメは急に市場に現れたわけではない。そのずっと前から各カメラ・電器メーカーはデジカメを開発すべく基礎研究を続けていた。富士フィルムのWebサイトには世界初の量産デジカメは1989年に発売されたFUJIX DS-Xだとある。これも異論はあるかもしれないが総合的に考えて間違ってはいないと思う。

 

 

 

FUJIX DS-Xは「初の量産デジカメ」と言ってももちろんカメラ店で普通に販売されたようなものではない。何しろ価格は300万円であった。それでも開発費なんか回収できなかったのは言うまでもない。「デジカメって、本当に作ることができるんだよ」という世の中への壮大なアピールだった。この時は丁度バブル期にあたるので企業はお金を持っていて、こういう夢のある開発をする余裕があった。

さて、ここからは本当に誰も知らない話。FUJIX DS-Xには東芝製の双子機種が存在した。(製品名・型番は失念。さすがにWeb検索しても出てこなかった。)理由は当時の技術的背景から読み取れる。富士フィルムは常に将来のイメージングを研究している会社だが、この時代は基本的にフィルム(化学・ケミカル)屋さんであるので、こんな最先端の電子機器を単独で開発できるはずはなかった。そこで東芝と共同開発したわけである。だから世界初の量産デジカメは東芝製だったとも言えるわけである。

 

 

東芝版 DS-X

 

 

 

 

 

本稿未完

 

 

 

目次に戻る